HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年3月

ブログ 2018年3月

ダンス初心者さんにおススメ曲♪ブルーノマーズ♪

インストラクターのMitsukoですscissors

ダンスしたいけど、どんな曲がいいかわからない方にpunch盛り上がることまちがいなしupおススメアーティストをご紹介happy01


ブルーノマーズとは??



まずはブルーノさんの生い立ちからご紹介しましょうpaper


1985年アメリカハワイ生まれ。
父はドラマー、母は歌手、という音楽一家に誕生。
さまざまな音楽に触れながら育つbud

ハワイの高校を卒業後、ロサンゼルスに移住。

そこでプロデューサーチームを結成!
チームで人気を博した彼は

ラッパーB.O.B.の『Nothing On You』↓


TravieMcCoyの『Billionaire』↓


をフューチャー!どちらも全米No.1.No.4と大ヒットshineを記録。この2曲によって、知名度UPup

そこから2010年に自身のアルバム『Doo-Wops&Hooligans』をリリース↓世界的な大ヒットsign03


また2012年に『Unorthodox Jukebox』↓


2016年に『24KMagic』↓をリリースmusic


どのアルバムも捨て曲なし!本当に名曲ばかりhappy02shine

『おススメ曲一覧』につづく→







あなたも踊れる♪映画『グレイテスト・ショーマン』で話題、『This is Me』

インストラクターのMitsukoですhappy01
今、話題の映画『GreatestShowman』movieもう見ましたか?
ストーリーも面白いですが、劇中ででてくる歌やダンスもとっても素敵なんですshine



こんなふうに踊れたら気持ちがいいだろうな~なんて思っているそこのあなたeye踊れるんです、、↓

こちらの公式サイトでは劇中にでてくる『This is Me』という曲のダンスを振付師がとってもわかりやすく解説してくれていますhappy02

しかも簡単な動きとステップを組み合わせてあるので、ダンスを踊ったことがない方でも簡単に踊れますsign03
そんなところもGreatestpunch

ぜひあなたらしくheart02素敵に踊ってみてくださいhappy01

またこちらもおススメ↓
まだ映画製作が決定していない段階で、レティ役のキアラ・セトルが初めて生歌を披露したワークショップ・セッションの様子を捉えた映像↓まさに奇跡の瞬間shine



ブームから文化に!?最近のK-POP事情♪

インストラクターのMitsukoですhappy01
最近K-POPも下火になってきたな~なんて思っているそこのあなたeyeぜひ読んでみてください

K-POPブームが起こったのは2010~2012年頃。結婚式の2次会や学園祭などで『少女時代』のGENIEや『KARA』のミスターなどの振付コピーを踊るのが定番となっていました。

私も踊っていましたし、当スタジオでもK-POPの曲を使ったレッスンがたくさんありました。

また2011年には上記のガールズ2チームに加え、東方神起が紅白歌合戦に出場したことでも話題になりましたが、その後、日韓の政治的問題などからブームは下火になったと思いきや。。

今年の紅白にも出場した”TTポーズ”で有名な『TWICE』


またBIGBANGの妹分として去年日本デビューを果たした『BLACKPINK』


平昌オリンピック閉会式でパフォーマンスを披露した『EXO』


BillboadMusicAward2017のトップソーシャルアーティスト部門を受賞した『防弾少年団(BTS)』

など。
K-POPに興味がない方でも最近ちょくちょく見かけるようになったのではないでしょうか??

K-POP好きからしてみたらもはやブームではなくK-POPという一つのジャンルとしてすでに日本のポップミュージック界に存在している感さえします。

そんなK-POP、ダンス初心者さんが踊る音楽としてとってもおススメできるんですhappy01
→『初心者さんにもおススメ!K-POPダンス』につづく→


初心者さんにもおススメ♪K-POPダンス

インストラクターのMitsukoですhappy01
最近またじわじわと知名度をあげてきたK-POPアーティスト達sign03K-POPを使ったダンスは実は初心者さんにとてもおススメできるんですdash


初心者さんにおススメできる理由

1、コピー文化
最近のK-POPアーティストはMVとは別に『DANCE PRACTICE VIDEO』という動画を正式にアップしてくれていますdash
これがすごいshineK-POPファンには本当にありがたく、ますますファンになってしまう動画なんですhappy02というのもこちらはアーティストご本人達がスタジオでダンスを踊っている姿を正面から固定カメラで撮影した動画movieなんですが、とにかくとにかく振付がわかりやすいflair


 今までMVのダンスを練習したい、真似したい、と思っているファンにとって、衣装や映像技術、照明などで色々な細工をしてあるMVでは振りが映っていない部分があったり、見えずらかったりと、とてもわかりづらく、振りをおこすのにも一苦労、、というかんじでした。それがこちらの動画の登場により格段にその作業がしやすくわかりやすくなりましたheart04
今までであれば、正式な振付を完璧に真似することは不可能でしたし、多くのアーティストサイドもそれを可としていないように思いますが、K-POPは最初からダンスを真似して踊る、という点に関してはとても寛容だった気がしますshine
現に、K-POPのコピーダンスを披露するイベントなども存在しますsign03

K-POPアーティストのようにかっこよく踊ってみたい!というファン心理にただちにアクセスしてくれる『DANCE PRACTICE VIDEO』映像を確認しながら練習できるので、ダンスになれていない方もとってもおススメできますsun

2、日本語版がある
ダンスをはじめてみたいと思っても、まずぶつかる壁として『ジャンルがわからない』といった事があげられると思います。
英語で何やら歌っている曲でレッスンしているけど、何を歌っているのかわからない、覚えずらい、という方も多くいらっしゃると思います。ダンスだけでなく、言葉がわかる場合とわからない場合では、当然前者の方がが記憶に残りやすいのは明白です。
そういった意味でもK-POPは日本語版が多々でていますので、振付も記憶に残りやすいのです。

3、足元がヒール
これはK-POPのなかでも曲によりますが、ヒールでダンスを踊っている曲は比較的難易度が低いものです。
ヒールをはいた状態で踊ることを想定した振付となりますので、おのずと難易度は低いものとなります。アーティストさんでもさすがにヒールを履いた状態でできるダンスとできないダンスはあります。ですから、そういった曲を上手に探し出し、自分が練習するときはまずはヒールではなく、スニーカーや裸足で練習すればいいのです。

いかがでしたか?ファンの事を考えて、常によりそってくれる存在だからこそここまで日本でも人気がでているのかもしれません。
ぜひK-POPを上手に活用して、楽しみながらダンス上達につなげていきましょう♪





1

« 2018年2月 | メインページ | アーカイブ | 2018年4月 »