HOME > ブログ > ダンスを踊ればやせる?についてvol.1

ブログ

< コーチェラ・フェスティバル2019  |  一覧へ戻る  |  ダンスを踊ればやせる?についてvol.2 >

ダンスを踊ればやせる?についてvol.1

いよいよ3月cherryblossom寒さが和らぐ季節となりましたshine
暑いコートを脱いで薄着になる季節です。

気兼ねなくファッションやレジャーを楽しむ為に冬の間にため込んだ脂肪をなんとかしたいな、とお考えの方も多いかと思います。

『ダンスを踊って痩せますか?』とよく聞かれます。
『痩せる』という言葉よりも『引き締まる』という言葉の方がしっくりくると思いますが、ダンスを始める前と後ではカラダの質eyeが変わってきます。

運動をする、カラダを動かす、という事は、機械や乗り物と同じで動かすためのエネルギーが必要になります。人間の体内に蓄積している主なエネルギー源は糖質と脂肪で、私たちはそれを使って日々カラダを動かしています。

糖質は即効性があるので、カラダを動かす際にエネルギーとして最初に使われますが、
カラダに貯蔵できる量はわずかなので、それだけでは運動するに足りる量がまかなえません。

また脂肪はというとエネルギーとして申し分ない量が蓄積されており、燃費も糖質に比べて非常にいいそうですが、エネルギーに変わりにくいというデメリットもあります。

脂肪をエネルギーとして利用することができれば、疲れにくく長時間の運動が可能になり、またその結果として体脂肪が使われてダイエットにもつながっていきます。

→→『ダンスを踊ればやせる?についてvol.2』に続く




< コーチェラ・フェスティバル2019  |  一覧へ戻る  |  ダンスを踊ればやせる?についてvol.2 >